在籍確認なしで、即日融資を受けられるかどうか?

金融機関から融資を受ける場合には、普通在籍確認が電話で行われます。カードローンを申し込んだ人が書類に記入した勤め先に本当に勤めているのかどうか調べるためです。在籍確認は、消費者金融の場合は会社名を名乗らずに個人名で電話を掛けることになっています。しかし、銀行の場合は、銀行名を名乗ることが多いです。この在籍確認がどうしてもいやだという人もいます。職場にもし借金をすることがばれたら困るというケースです。また、職場の休日にすぐにお金を借りたいというケースもあるでしょう。それらの場合には、在籍確認を電話ではなく書類でやってくれる上に、その日のうちにお金を貸してくれるサービスを実施している金融機関のカードローンを申し込めばいいのです。ただ、銀行系のカードローンは、ほぼ例外なく電話で在籍確認をするので利用することはできません。一部大手の消費者金融にのみそのようなサービスを提供しているところがあるので、そちらにあたる必要があります。具体的のどのような手順を踏めば、電話連絡が省かれるかというと、まずは該当する消費者金融に相談してみます。その場合、条件があるので、しっかり確認しておきましょう。

ふつうは、小口の融資だけに書類による在籍確認を認めてもらえます。消費者金融側からオーケーをもらえたら、必要書類を準備して、携帯電話やスマホで撮影して、送付します。必要書類とは、源泉徴収証票、給与明細書、社会保険証、社員証などです。送付にあたっては、書類を鮮明に写さなければいけません。また、古い書類ではなく必ず最新のものを用意します。この手続きが済めば、電話による在籍確認は行われません。そのほか気を付けるべきことは、即日融資のために申し込みをできるだけ早めに行っておくことだけです。なお、銀行のカードローンでは、原則的に電話による在籍確認が必要ですが、専業主婦の場合は省略されます。配偶者の勤務先にも連絡は行きません。したがって、即日融資をしてくれるところを選ぶだけです。(即日融資