十二分な貯金を確保し、余裕資金で投資を行なう

十二分な貯金を確保し、余裕資金で投資を行なう

まず十二分な貯金を確保するべきとのアドバイスですが、その理由は心に余裕を与えるためです。100万円の投資をしていて、投資額すべてを失って残高0円になるのと、銀行に預金があと100万円あるのでは気持ち的に全然違います。

 

余裕があると人は冷静な判断を下せますから、様々な局面で最善のアクションを起こせるのです。逆に余裕がないと人は焦りだし、稼げる局面で稼げず、さらにひどい時は出さなくても良い損失をだすことにもなります。ですから、心の余裕を持つために、資金面でも絶対的な余裕が必要なのです。

 

余裕資金を活用して投資を行なうのは投資の大前提ですが、なぜ余裕資金で投資をしなければならないのでしょうか?答えは簡単で、生活費を投資にあてて損失を被れば生活できなくなるからです。

 

生活をかけて投資をすれば、それだけで大きなストレスです。ストレスと圧力の下での賢明な判断を下すのはなかなか難しい話ですが、余裕資金での投資なら、それを仮に全部失ったとしても大きな問題にはなりませんし、投資をあきらめることになったとしても今までの生活を継続させることが可能です。